ワークショップ:ドキュメンタリーを再発見する

Description
独自の方法でアーティストを被写体として個性的なドキュメンタリーを制作してきたマリー・ロジエの特集上映に関連して、ドキュメンタリーの新たな可能性について考えるワークショップを開催。個人映画、日記映画、アート・ドキュメンタリーなど、各作家が持つ独自の視点を通してドキュメンタリーという表現方法の本質を探る。
セッション1 ポートレートの新たな可能性 中村佑子(映画監督)
セッション2 日記映画とドキュメンタリー 野村建太(映像作家、日本大学芸術学部講師)
セッション3 ドキュメンタリーはジャンルではない 村上賢司(映画監督)
セッション4 マリー・ロジエによるマリー・ロジエ マリー・ロジエ(映像作家)
※内容の変更や、オンラインでのレクチャーになる場合があります。

【日時・会場】
セッション1・・・9月29日(火)19:00〜21:30 イメージフォーラム3階「寺山修司」
セッション2・・・9月30日(水)19:00〜21:30 イメージフォーラム3階「寺山修司」
セッション3・・・10月1日(木)19:00〜21:30 イメージフォーラム3階「寺山修司」
セッション4・・・10月3日(土)17:15〜18:30 スパイラルホール
※H3プログラム「マリー・ロジエ特集:マリーのワンダーランド3」上映後トーク

【料金】
15,000円(税込)
※H1〜H3プログラム「マリー・ロジエ特集:マリーのワンダーランド」、L1〜4プログラム「鈴木志郎康特集:極私的映画思考」鑑賞料込み
定員:20名
※関連上映のチケットは窓口でPeatixの受付画面を提示の上お取りください。(申込者1名につき1枚のみ、座席の指定はできません)
Sep 29 - Oct 3, 2020
[ Tue ] - [ Sat ]
7:00 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
イメージフォーラム3階「寺山修司」
Tickets
受講チケット ¥15,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Sep 28, 2020.

Venue Address
東京都渋谷区渋谷2-10-2 Japan
Organizer
イメージフォーラム
7 Followers